ネットユーザーは基本的に飽き性であり、
自分の理解できない情報や、興味のない情報には興味を示しません。

 

 

 

ですが、この事実は、想定したネットユーザーを引き止めたい我々には不都合な事実でもあります。
(ブログの「滞在時間」を増やすことと、「直帰率」を下げることは非常に重要なポイントですよね。)

 

 

 

では、どうすればいいのか?

 

 

 

そのヒントは、先程のネットユーザーの特徴を分析してみれば分かります。

 

 

  • 興味のない情報には興味を示さない。

 

  • 理解できない情報には興味を示さない。

 

この2つの特徴があるからこそ、
ネットユーザーは飽き性で引き止めることが難しいわけです。

 

 

ですが、これは逆にいえば、
この特徴を理解した上でコンテンツを制作していけば、むしろチャンスになるとも言えます。

 

 

 

つまり・・・

 

 

  • 想定した読者様が興味のある情報を提供していく。

 

  • 想定した読者様が理解できる情報のみを提供する。

 

 

このような姿勢でコンテンツ制作に取り組んでいけば、
飽き性なネットユーザーを引き止めることは容易なのです。

 

なぜならば、読者様にとって、あなたの提供するコンテンツの全てが、
理解できる情報であり、興味のある情報だからです。

 

 

 

例えば、あなたが趣味に関する情報を検索している時をイメージしてみてください。

 

 

もしも、趣味に関する情報が満載で、説明が分かりやすいブログがあったとしたら、どうでしょうか?

 

 

おそらく、即ブックマークするか、夢中になって読み進めてしまうはずです。

 

 

ここです。

 

 

この状況こそが、我々の求める理想的な状況だと言えます。

 

 

 

では、そのようなコンテンツを作るためには、どうすればいいのか?

 

 

もちろん、考え方や手法は様々ですが、
ここでは必ず押さえなければいけない2つのポイントを確認したいと思います。(とはいえ、ほとんどのアフィリエイターがマスターできていませんが。汗)

 

 

それは、、、

 

 

  • 想定した読者様の悩み(望み)を理解すること。

 

  • 想定した読者様の価値観を理解し、可能ならば読者様の頭の中にある言葉を調べること。

 

 

この2つです。

 

 

もちろん、これだけは分かりにくいと思いますので、
それぞれ解説していきますね。

 

 

 

想定した読者様の悩み(望み)を理解すること。

 

自然は人類を二人の君主、つまり「苦痛」と「快楽」の支配下においてきた。   ジェレミ・ベンサム

 

 

心理学では、人間の行動は大きく分けると2つのパターンに分類できることが分かっています。
(もちろん、ご存知だとは思いますが。)

 

それは、、、

 

 

  • ・苦痛からの回避。

 

  • ・快楽への向かう行動。

 

の2つです。

 

 

これを深読みすれば、
このどちらかの条件を満たす情報が目の前にあったとき、
あらゆる人間は興味を持たざるおえないことが分かると思います。
(コンビニのエロ本コーナーをさりげなくチラ見することや、
保険情報などにうっかり反応してしまうのも自然なことなのです。)

 

 

また、賢いあなたならばお気づきかと思いますが、

 

 

この特性を上手くアフィリエイト記事に利用することができれば、読者様の興味を引き止めることが可能です。

 

 

つまり、苦痛(悩み)からの回避か、快楽(望み)に関するコンテンツを作っていけばいいわけです。

 

 

そして、そのために大いに役立つ作業こそが、

 

読者様の「悩み」や「望み」を調べる作業です。

 

 

ただ、ここで問題なのは、どのように調べるのかだと思います。汗
(事実、花鳥風月のモニターさんからの質問も多かったです。)

 

 

ですが、ご安心ください。

 

 

実は、答えはとても簡単です。

 

それは・・・

 

 

あなたの想定している読者層と同じ、あるいは似ている読者層を相手にしている「情報商材などのLP」を参考にすればいいのです。
(あるいは、ブログやメルマガなどもいいですね。)

 

 

情報商材などのLPを制作するとき、
制作者はターゲット(ペルソナ)を設定し、
ターゲットの悩みや望みなどを調べあげてからセールスレターを作っていきます、
(馬場が高額フィーで代行制作する時も同様です。)

 

 

ゆえに、情報商材のLPを見れば、
想定した読者層の「悩み」や「望み」が何なのかは一目瞭然なのです。
(ただし、日本のコピーライターはレベルが低いので参考にならない情報商材もありますのでご注意ください。対策法は、機会があれば記事にします。)

 

 

そして、情報商材のLPから、
想定した読者層の「悩み」や「望み」を探しだし、
紙などに書き出しておけばOKです。
(コンテンツ制作するさいに参考にしていきます。)

 

 

正直、このやり方が最も簡単ですし、効率が良いでオススメです。(はるか昔に、馬場が某高額コミュニティで教わった内容です。笑 これくらいしか役に立ちませんでしたw)

 

 

 

あるいは、私や仲間のアフィリエイターがしているような、
「モニター」や「コンサル生」を募集して「生の声」を集めていくという方法もあります。(あとは、ブログのお問い合わせなど。)

 

 

 

この方法のメリットは、

 

想定した相手に近い人達の「生の声」をきけるのでマーケティング感覚が磨かれることです。(あとは、純粋に面白いです。笑)

 

 

 

ただ、デメリットとしては、

手間や時間がかかりすぎるという点があげられると思います。
( 一年とかザラですからね。(笑))

 

 

正直、この方法はアフィリエイト上級者か、
経済的に余裕があって暇な人にしかオススメできません。汗

 

 

 

少なくとも、アフィリエイトで月収10万円~100万円程度を稼げれば良いというお方にはオススメしません。

 

 

 

基本的には、情報商材LPを参考にするのをオススメします。

 

 

 

想定した読者様の価値観を理解し、可能ならば読者様の頭の中にある言葉を調べること。

 

 

Men willingly believe what they wish.

人は喜んで自己の望むものを信じるものだ。 Julius Caesar

 

ここは、マーケティングの基本となります。

 

 

人間は、自分の「価値観」に合わない情報にも興味を示しません。

 

 

なので、コンテンツ制作の際は、
あなたの価値観は無視し、読者様の価値観を優先することが重要です。

 

 

ちなみに、お客様の価値観の調べ方は、
先程お話した情報商材LPの例と同じ要領で考えていただいてOKです。(あとは、雑誌なども役に立ちます。)

 

 

そして、可能ならば、
なるべく読者様の頭の中にある言葉を使うことを意識してみてください。(そうすることで、読者様との心理的な距離を縮めることができます。)

 

 

ただ、やってみると分かりますが、これは意外と難しかったりします。汗

 

というのも、我々が相手にするのは「不特定多数の読者様」だからです。(使う言葉は人それぞれですので完璧に網羅するのは不可能。)

 

 

では、どうしたらいいのか?

 

 

 

巷の情報発信者のように「机上の空論」を言っても仕方がありませんで、ここでは現実的な対応策をシェアしたいと思います。

 

 

 

それは・・・

 

 

 

可能な限り、難しい用語や専門用語を省くことです。

 

 

 

つまり、完璧な言葉のチョイスは不可能なので、
コンテンツから「読者様の頭の中にない言葉」をできる限り減らすことに力を割くわけですね。

 

 

 

そうすれば、読者様の不快感(ストレス)を大いに減らすことが可能です。(現実的には、これができれば十分合格です。)

 

 

 

ここでのポイントは、「少し幼稚すぎるかな?」と思うくらいのレベルを基準にすること。

 

 

そうすることで、より多くのネットユーザーを囲うことができます。

(潜在的な利益が大きくなります。)

 

 

 

 

実は、これが、難しい用語を知っている専門家や学者が全く稼げないのにも関わらず、

簡単な言葉しか使っていない我々アフィリエイターが荒稼げてしまう理由の1つだったりします。(皮肉ですね。汗)

 

 

 

 

で、実は、このブログって簡単な言葉が大半なのに気づきましたか・・・?

 

 

 

 

 

「難しい言葉を使っているから凄い、簡単な言葉ばかりだから無知・無学」

 

 

などと思いこんでいたがために辛酸をなめた過去の馬場のような失敗は侵さないでくださいね・・・・汗 

(むしろ、真実はこの真逆なんですよねぇ・・・・)

 

 

 

まとめ

 

  • 読者様は基本的に飽き性であり、自分の理解できない情報や、興味のない情報には興味を示さない。

 

  • 想定した読者様の悩み(望み)を理解することが重要。(情報商材のLPが便利。)

 

  • 想定した読者様の価値観を理解し、
    可能ならば読者様の頭の中にある言葉を調べることも必須。

 

  • 難しい用語や専門用語は可能な限り省くことで、読者様との「心理的な距離」を近づけることが可能。
    (ATフィールドを弱めるイメージヽ(´ω`*)ノ(笑)

 

 

 

是非、読者様のことを思いやりながら、分かりやすいコンテンツを作っていってくださいね。

 

 

そういった小さな思いやりが、「大金」となってあなたの元に帰ってきます。

 

 

 

追伸

 

実は、今回の話をよく理解すると「なぜ、トランプがアメリカ大統領になれたのか?」が分かると思います。

 

 

 

相手のクリントン氏は難しい言葉ばかりを使いましたが、

トランプは小学生でもわかる

「お!! ベリーグッド!! ベリーベリーグッド!!!」

などといった簡単な言葉のみを使い、良くも悪くも多くの人々を引きつけることに成功しました。

(だから、最後には勝てました。 うわべだけでトランプを馬鹿にしている人は彼の凄さを理解していません。汗 それは大間違いです。)

 

 

 

物事には順序がある。まずは歩き、次に走り、それからダッシュだ。

                       ~ドナルド・トランプ~

 

 

 

トランプ氏は無学どころか相当な化け物でございます・・・・汗

 

 

 

あ、あと、読んでいて簡単に感じる文章だからといって、
簡単に再現できるわけではありませんので注意してくださいね。

 

 

 

  • 読みやすい。

 

  • 面白い。

 

  • 分かりやすい。

 

などと、あなたが感じるのは、間違いなくその筆者の「実力」が高いからです。

 

なので、そのクオリティの文章を簡単に再現できるかと言えば、
それは「NO」です。(ここは、お気をつけください。)

 

 

 

そして、あなたが読みやすいと感じるのは、当たり前なのです。

 

 

 

だって、そう感じるように我々はコンテンツを制作しているわけですから。

 

 

 

逆に、「難しい、複雑、つまんね♪」などとあなたが感じる文章は、筆者の実力がないからだと思っていただいて結構です。
(つまり、業界で有名なのに○○な人達は、○○なのです。(笑))

 

 

 

おや、もうこんな時間ですか。汗

 

 

少し、おしゃべりが過ぎましたねw

 

 

これから帝国ホテルにて打ち合わせですので、ここでペンを置かさせていただきます。

 

あなたがアフィリエイトで成功することを祈っております。

 

 

焦らずに頑張っていきましょう。

 

 

馬場

 ⇒ 馬場の無料メルマガ

 ⇒ 馬場の日記

 ⇒ コンテンツ一覧