昔、馬場を含めたビジネス仲間5人がそれぞれのビジネスを展開させていく機会があった。

 

 

馬場ともう一人がビジネスの世界へ。

 

 

そして、残りの3人が株やFXなどの相場の世界へ行くことになった。

 

 

 

馬場は、偶々アメリカのある大学の論文を読んでいたので、相場の世界はギャンブル同然だということを知っていた。

 

 

これは、相場のプロならば皆認めることだが、相場の世界の必勝法は実はない。(どう頑張っても勝率が50%をこえることはない。)

 

 

つまり、かなり不安定な世界だということだ。

 

 

だからこそ、このことを理解している賢い人ほど相場のセミナービジネスなんかをしている場合が多い。(自分が勝てないから。笑)

 

 

 

一方で、ビジネスならばある程度予想は可能だ。

 

ビジネスとは、お客様に価値を与えることでお金をいただくことができる。(アフィリエイトなんかはその典型。)

 

 

要するに、自分自身がよほどぺーぺーではない限り、お客様に価値を与えさえすれば稼げるのである。

 

 

これは、完全に自分自身の問題なのだから、きちんと価値を作ることさえできれば、勝率は100%まで持っていくことも可能だ。

 

 

だからこそ、馬場ともう一人の友は、ビジネスを選んだ。

 

 

どう考えても、ビジネスの方が楽だし、確実に稼げるからだ。

 

 

で、結果はどうなったのか。

 

 

 

馬場ともう一人の友は、最初こそ苦戦したり、悩んだり、泣いたりすることもあったが、

 

今は、どちらも稼げるビジネスを構築し、毎月安定的に数百万円のリターンを得ている。

 

しかも、外注化やツールを使うことで、いくらでも稼げる仕組みを増やしていけるから、今後も収入が増大していくことは間違いない。

 

 

さらに言えば、お客様に価値を与えるという姿勢があるわけだから、需要を生み出すことは簡単だし、確実に利益を叩き出せる。

 

 

一方で、相場の世界に行った3人は未だに苦戦しているようだ。

 

 

最初こそ、数千万円も稼いだ奴もいたが、その後、相場の暴落が起きて以来、連絡が全くつかない。

 

残りの2人も、未だに胡散臭いセミナーにドブ金を費やしては、

やれ、チャートだの、やれ、ろうそくだのとぶつぶついっている。(全然、稼げてないけど。)

 

 

 

こういった事実を見ると、本当に過去の自分に感謝したくなる。

 

 

相場の世界というギャンブル同然の世界なんかを相手にしないで、

お客様に価値を与えることでお金をいただくというシンプルな世界を選んだ自分は、若いながらにセンスがあったんだと思う。

 

 

今は、アフィリエイトとか、広告なんかのコンサルをすることも多いが、ビジネスの世界に参入している人は皆運がいいなぁと思ってしまう。

 

 

 

なぜならば、お客様に価値を与えさえすれば稼げるから。

 

言い換えれば、ゴールがあるから。

 

 

 

逆に、相場の世界にはゴールがない。

 

あるのは、不安と胡散臭い理論だけ。

 

 

この奈落の底にはまった人達は、本当に、可哀想だと思う。

 

 

 

まぁ、ギャンブルオタクなんて知ったこっちゃないんだが。笑

 

 

 ⇒ 馬場の無料メルマガ

 ⇒ 馬場の日記

 ⇒ コンテンツ一覧

 ⇒ アフィリエイト初心者(稼げない)あなたに知ってほしいこと