先日、あるテレビ番組で面白いものを見ました。

 

 

 

おもちゃ遊びをしたあとに、片付けを頑なにしない男の子におもちゃを片付けさせることはできるのか?という企画でした。

 

 

 

 

そして、ヤンチャな男の子に困っている母親と、小さな子供を扱うことになれているプロカウンセラーさんの二人が企画に挑戦していました。

 

 

 

はじめの挑戦者は、男の子の母親です。

 

 

 

彼女は、いつも通り、男の子におもちゃを片付けるようにしかりました。

 

 

 

「遊んだら片付けしなさい!!でないと、おやつあげないよ!」といった調子です。

 

 

 

すると、男の子も顔を真っ赤にして、「いやだ!!」と頑なに片付けをしませんでした。

 

 

 

そんなやりとりを一時間近く続けて、結局は母親が起こりながらおもちゃを片付けて終わりました。(いつも通りの結果です)

 

 

 

続いて、プロのカウンセラーさんが男の子の説得をしました。

 

 

 

すると、カウンセラーさんは母親とは全く違うアプローチをとりました。

 

 

 

「おもちゃ遊びって、すごく楽しいよね♪叔母さんもすごくおもちゃが好きよ🎵」

 

 

 

そう、優しく男の子に尋ねました。

 

 

 

すると、男の子も嬉しそうに顔を上げて、

 

 

「うん!好き!仮面ライダーとね、妖怪ウォッチで遊ぶと楽しいんだ!」と笑顔で返事をします。

 

 

そして、しばらくの間、カウンセラーさんはおもちゃ遊びについて楽しそうに語る男の子の話をゆっくりと聞いていました。

 

 

 

そして、男の子の話が終わった頃、カウンセラーさんは男の子にこう言いました。

 

 

 

「この仮面ライダーさんも、妖怪ウォッチのメダルもキチンと片付けておかないと、壊れたり、どこかに行っちゃうかもしれないよ。そしたら、楽しい遊びもできなくなるよね・・・・」

 

 

 

そう、さりげなく語りかけました。

 

 

 

すると、男の子は慌てておもちゃをおもちゃ箱に片付けました。

 

 

 

男の子自らの手で、おもちゃをどんどん片付けたのです。

 

 

 

そして、このカウンセラーさんとの対話以降も男の子はおもちゃを積極的に片付けることが習慣になってしまいました・・・・。

 

 

 

このことに母親は、心底驚いていましたが、

 

 

カウンセラーさんはこう説得しました。

 

 

 

こちらの気持ちを無理に押し付けずに、男の子の気持ち合わせてあげたからこそ、男の子は自然に片付けをするようになったのです・・・・

 

 

 

 

 

さて、なぜ馬場がこの話を紹介したのか。

 

 

 

もしかすると、センスのいいあなたならばお気づきかもしれません。(笑)

 

 

 

そうです。

 

 

 

実は、この物語はおもちゃの片付けだけではなく、あらゆることに共通する素晴らしいメッセージが含まれています。

 

 

 

それは・・・・

 

 

 

相手に動いて欲しいのならば、相手の価値観に共感することが大切だということ。

 

そして、

 

人間は共感を感じた相手のメッセージならば、比較的簡単に受け入れやすいということです。

 

 

 

先程のおもちゃの片付けの例を分析してみましょう。

 

 

 

カウンセラーさんは、まず男の子の価値観に共感しています。

 

 

 

つまり、おもちゃ遊びの素晴らしさ、仮面ライダーや妖怪ウォッチの大切さです。

 

 

 

だからこそ、カウンセラーさんは、おもちゃの片付けなさい!などとは言わずに、

もしも、おもちゃを片付けずにいて、おもちゃが壊れたり、なくなってしまったら・・・・・というおもちゃ遊びの素晴らしさを中心に男の子を説得しています。

 

 

 

さらには、

 

 

「おもちゃ遊びって、すごく楽しいよね♪叔母さんもすごくおもちゃが好きよ🎵」

 

などと男の子に伝えることで、男の子は叔母さんを自分を理解してくれる人だと認識しました。

 

 

 

つまり、男の子もカウンセラーさんに共感したのです。

 

 

 

そして、カウンセラーさんに共感していたからこそ、男の子はカウンセラーさんの言葉に耳を傾けたわけです。

 

 

 

この一連の流れを分析してみると、「共感」というキーワードがいかに強力なものかが分かると思います。

 

 

 

 

そして、この「共感」の力はアフィリエイトでも大きな力を発揮します。

 

 

 

お客様や読者様の価値観に共感すること。

 

 

 

そして、お客様や読者様にも共感してもらうこと。

 

 

 

この2つができたとき、あなたのもとに大金が流れ込んでくることになります。

 

 

 

馬場が運営している多くのサイトやブログには、よく読者様から感謝のメールか、応援メールが届きます。

 

 

 

さらには、「どうせ買うならば、あなたに得をさせたいからあなたの元で買います!」などと言ってくれるお客様もいます。汗(本当にありがたいことです。)

 

 

 

このような現象が起きてくるのは、何故か?

 

 

 

もう、賢いあなたはお気づきですよね。笑

 

 

 

それは、馬場がお客様に共感していて、なおかつお客様も馬場に共感してくれているからなのです。

 

 

 

言い換えれば、馬場とお客様は「友達」、「仲間」、「先生と教え子」のような関係になっているとも言えます。

 

 

 

だからこそ、馬場が押し売りせずに、「こんなのもありますよ・・・」と言うだけで、お客様は買ってくれるのです。

 

 

 

そして、感謝もしてくれます。(なぜならば、お客様に良いものしか薦めないから。)

 

 

 

もしも、あなたもアフィリエイトをするにあたって、このような関係性とお客様と気づくことができれば、あなたの収入は爆発することは間違いありません。

 

 

 

少なくとも、経済的な自由はあっさり達成できてしまうでしょう。

 

 

 

さらに言えば、今回馬場があなたに教えたことは、ほとんどの人が実践できていません。(業界有名者の人達も・・・できてませんよね汗)

 

 

 

だからこそ、あなたが今回のお話を理解できたときには、ライバルはほとんどいなくなっていることに気付くと思います。

 

 

 

まぁ、馬場と「花鳥風月」の実践者達がいますけど。笑
(その時は、組みましょう。笑)

 

※ 花鳥風月・・・馬場の独自企画レポートのこと

 

 

 

そして、お気づきでしょうか?

 

 

 

 

 

この文章、読みやすいとは思いませんか?

 

 

 

 

スルスル読んじゃいますよね?

 

 

 

 

実は、これこそが今回馬場がお話したことの証明でもあります。

 

 

 

馬場は、「あなた」という友人に手紙を書いているつもりで、書いています。

 

 

 

そして、あなたが聞きたいことを考え、悩み、文章にしています。

 

 

 

要するに、あなたに共感しているのです。

 

 

 

だからこそ、あなたもスルスル読んでしまう。笑

 

 

 

これこそが、共感の力なのです・・・

 

 

馬場

 

 ⇒ 馬場の無料メルマガ

 ⇒ 馬場の日記

 ⇒ コンテンツ一覧