花粉症シーズンという迫り来る脅威に頭を悩ませている馬場です。(;´д`)
(あの鼻がムズムズするのが凄く苦手で少し切ない気分になります。)

 

 

 

いかがお過ごしでしょうか・・・?

 

 

 

今回は、微妙に根強い人気がある馬場からの問題シリーズとなります。(*´ω`*)
(新しい問題のリクエストが多かったので追加させていただきます。)

 

 

 

ちなみに、過去の問題はこれらです↓

 

 

 ⇒ ここに、ビジネスやアフィリエイトの真理が隠されています。

 

 ⇒ あなたの現在のビジネスセンスが分かってしまう質問・・・

 

 ⇒ 「閲覧注意」意味不明?! 分かる人には分かる馬場からの秘密のメッセージ・・・

 

 

「馬場さん、難しいっす・・・(´д`|||)」

という読者様からのツッコミが多発している問題ですので興味があるお方は挑戦してみてください。(もちろん、スルーでもOKです。)

 

 

※ 人によっては意味不明かつ怪しいと感じる問題であり危険な内容でもありますので嫌なお方はご退出くださいませ。軽いノリで楽しんでください。m(__)m
(貴重なお時間を大切にしてください。)

 

 

※ なんと、一番目の質問で唯一の正解者が現れました!汗 す、凄い・・・(;・ω・)
そのお方は花鳥風月参加者でもある30代男性の経営者様でした。
(彼に興味がわきましたので今度銀座某所を貸しきって馬場が開催する食事会に招待する予定です。(^^)すごくワクワクしてます♪)

 

 

 

 

そして、今回は比較的ライト・ゆるい問題でいきたいと思います。
(軽い問題ですので心の中で答えてみてください。)

 

 

 

結構簡単ですので楽しみながら挑戦してみてください(*^.^*)
(問題なのは、答えの向こう側にある戦略を見抜けるかどうかが重要だったりします・・・)

 

( 永遠の命!ゲットだぜ!!   ピ、ピカチュウ!!♪)

 

 

なぜ、ポケモンのサトシは年をとらないのか?なぜ、ピカチュウは進化しないのか?

 

 

ポケモンは日本人ならば誰しもが知っているメガコンテンツですよね。

 

 

昔の馬場は今とは真逆であまり裕福ではありませんでしたので、
鈴木君という友達がポケモンをしている光景を目をキラキラさせながら見させてもらっていた記憶がございます。

お金がなかったので自分では遊べませんでしたが、見てるだけでもワクワクしました。
(懐かしいなぁ・・・(*´ω`*)  )

 

 

あと、ポケモンのピカチュウってプリチーで可愛いですよね♥

 

 

声もワンピースのチョッパーと同じ声でとにかく可愛いです♪

 

 

 もう、ヨシヨシしてからモフモフしたい♥(〃ω〃)

 

 

 

 

 

でも、ポケモンのサトシ(さん?)君や、ピカチュウって永遠に年をとらないし、レベルが上がりませんよね?

 

 

 

※ 最近たまたまポケモンがテレビで流れているのをサラッと見る機会があったのですが、やはりサトシもピカチュウも相変わらずの若さと弱さでした。笑

 

 

 

本来ならば、サトシ君はサトシさん(おっさん)なはずですし、
ピカチュウだってレベル9999の化け物になっていてもおかしくはないはずなのですが未だに初期設定のままをキープしているようです。

 

 


(本来ならば、男のロマンを体現した伝説のポケモンマスターのサトシ兄さん、レベル9999の化け物・ピカチュウ兄さんとでも呼ぶべきなのでしょうが・・・)

 

 

そして、馬場はこの永遠に年をとらず、かつパラメーターも変化しない現象を

「サザエでございま~す♪現象」と名付けております。(*´ω`*)

 

(スタイル抜群で不老不死のサザエでございま~す♪)

 

 

 

では、なぜ、ポケモンの製作陣の人達はサトシ兄さんやピカチュウ兄さんにも「サザエでございます現象」を採用したのでしょうか・・・・?

 

 

 

 

少し、考えてみてください・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

「 え? そりゃ、年をとったり、成長したりすると物語が終わっちゃうわけだからビジネスとしては都合が悪いからじゃないの?」

 

などと思ったそこのあなた。

 

 

 

 

 

おめでとうございます!まさに正解でございます。(*´ω`*)
(半分は・・・)

 

 

 

そうですよね。サトシ兄さんも、ピカチュウ兄さんもあのままだからこそ、物語が終わらないわけです。(つまり、ビジネスチャンスも終わらないわけですよね。)

 

 

 

 

しかし、しかしでございます・・・

 

 

 

 

実は、それだけが理由ではないのです。汗

 

 

 

考えてもみてください・・・

 

 

 

そもそも、その理由だけなのであれば、他のゲームやアニメ、ドラマなども永遠にサザエでございます現象を採用しているはずだとは思いませんか・・・?
(みんな、サザエさんになっているはずです。)

 

 

 

 

・・・あ、確かにって感じですよね・・・汗

 

 

 

そうなんです。

 

 

 

ポケモンのサトシ兄さんや、ピカチュウ兄さんが永遠にサザエさんである理由は、他にも存在するんです。

 

 

 

 

そして、今回、あなたに考えてもらいたいのは、まさにその他の理由なのです。

ちなみに、3つほど理由が存在します。
(アフィリエイトで長期的に成功するためにも重要な考え方でもあります。(^^))

 

 

 

 

ただ、こちらの理由は中々難しいと思いますのでヒントを少々あげさせていただきます。

 

 

 

 

  • ポケモンやサザエさんが対象としているユーザーの特性は可変的か不変的か?
    (ポケモンを楽しむ子供はいずれ大人になる・・・)

 

  • メガヒットしたコンテンツビジネスの場合は、マーケティングよりもプランティングの方が優位性が高い傾向にある。
    (ピカチュウを知ってもらうためのCMよりも重要なのは・・・)

 

  • そもそも、どんなプロでもメガヒットするコンテンツを1から制作することは非常に難しい。(ポケモンというコンテンツを何度も産み出すのは至難の業)

 

  • 0→1を達成するよりも、1→10を達成する方が楽である場合が多い。(ピカチュウを産み出すよりも、ピカチュウを遊ばせる方がよい。)

 

  • 長期的なプランティング能力においては一貫性が何よりも重要となり、そのためになオムニバス形式をとる方が親和性が高い。(ピカチュウ!十万ボルトだ!を、ピカチュウ!百万ボルトだ!にするのは大間違い。)

 

  • ポケモンを制作する運営陣やスタッフは可変的か、不変的か。(スタッフは変わるものですが、その中で一貫性を保つためにはどうすればよいのか。)

 

 

などが答えに関係するヒントとなります。
(というか、答えもチラホラあります。笑)

 

 

 

難易度で言えば、これまでの問題よりは大分簡単な部類になってしまいますがアフィリエイトで稼ぎ続ける道にも通ずる点もありますので時間があるお方は是非挑戦してみてください。(^-^)

 

 

 

ちなみに、花鳥風月受講生で筆頭クラスで稼いでいる受講生さんは、あっさりと全て正解しておりました。

正直、馬場よりも才能がある気がします。汗
(でも、なぜか馬場の元から離れて行かないのが不思議です。もう一人でも大丈夫だから自由にしていいよとは言ってはいるのですが・・・汗)

 

 

 

彼はいわく、これはアフィリエイトにおける差別化や長期的なマーケティング戦略でも重要な考え方だそうです。(ううむ、その通りです。(;・ω・))

 

 

 

もちろん、分からなくても落ち込む必要は全くないのでご安心ください。(^^)
(考えてみることが一番大切です。)

 

 

 

なぜ、サトシ兄さんや、ピカチュウ兄さんはサザエでございます現象に飲まれてしまったのか?

 

 

 

是非是非、考えてみてくださいね!

 

 

 

 

追伸~馬場の小話~

このまえ、花鳥風月のモニターを手伝ってくれた受講生さんが目標月収80万円を突破したお祝いとして彼女が好きな宝塚歌劇団を兵庫まで見にいってきました。星組さんの公演を見てきました。
(秘書さんも同行したのですがとても喜んでおりました。やはり、宝塚が好きな女性は多いんですね。(;・ω・))

 

 

 

馬場は男よりも女性が大好きなスケベ男ですので「宝塚はどうなのかなぁ~(´д`|||)」などと心配していたのですが、予想以上に楽しくて驚きました。笑

 

 

男役のスターさんがカッコよすぎて男なのにキュン♥としている馬場がいました。本当にカッコよかったです。(〃ω〃)

 

 

 

また、宝塚の演劇やショーのクオリティが予想以上に完成されていて、かなり衝撃を受けました。。(普通に劇団○季よりも良かったです。)

 

 

馬場はバレエや演劇などもたくさん観賞していますが、宝塚は明らかに頭1つ抜けている印象でした。(これは完全に盲点でした。汗)

 

 

 

さらに驚いたのは宝塚歌劇団のオーケストラのレベルの高さです。

 

 

ミスも皆無ですし、扱うジャンルの幅も非常に広く、さらにはオーケストラ自体の質もそこらへんの○○ハーモニー的なものとは段違いのレベルでした。いやぁ、ひさびさに痺れました。
(これも盲点でした。馬場お気に入りのオーケストラに宝塚歌劇団が入るとは。)

 

 

 

要するに、宝塚は、ビジュアル、演劇、バレエ、オーケストラ、エンターテイメントのあらゆる要素を網羅している化け物コンテンツだなと感じました。(最近は、興業利益も右肩上がりだそうです。ですよねぇ・・・(*´∇`*))

 

 

 

 

ですので、今では宝塚を舐めていた自分が非常に幼稚かつアホであったと深く後悔しております。(やはり、偏見って有害です。)

 

 

 

事実、最近は宝塚の男性のファンも増えているそうです。

(芸術作品、エンターテイメント作品としての完成度を考えれば必然だと思います。)

 

 

 

あと、大劇場にはオシャレなテラスがあるのですが、そこでのんびりとお話しているのも贅沢なひと時でした。(綺麗なお姉さま・マダムの皆様方がたくさんいたのも最高でした♥ 宝塚について色々教えていただきました。)

 

 

 

いずれにせよ、受講生さんと秘書さんもとても喜んでいましたので良かったです。

 

 

 

宝塚は本当に素敵なところですので余裕があるお方は是非遊びに行ってみてくださいね!

 

 

※ ただ、宝塚のチケットは高額かつ入手が困難ですので予め準備しておくことをオススメします。汗

 

 

 

よろしければ、参考にしてみてください。

 

 

 

今回も、最後までありがとうございました。(‘ω’*)

 

 

 


サザエでございます!♪  

 

 

馬場

 

 ⇒ 馬場の無料メルマガ

 ⇒ 馬場の日記

 ⇒ コンテンツ一覧

 

 

~花鳥風月~