最近お気に入りの海外ドラマの脇役が死んでしまい地味に落ち込んでいる馬場です。
(ダメ人間なところが最高に好きだったのに・・・残念です。(つд;*))

 

 

 

今回は、毎度たくさんのお手紙をいただいている馬場からの問題シリーズとなります。(*´ω`*)
(リクエストしてくれた多くの読者の皆様、わざわざありがとうございました。m(__)m)

 

 

 

ちなみに、過去の問題もブログにて公開していますので興味があるお方は解いてみてください。(正解したらサプライズがあるかもしれません、、、)

 

 

  ▶ コンテンツ一覧

 

 

ただ、過去の問題は、「馬場さん、ちょっと難しすぎます。(´д`|||)」という感想も結構いただきました。汗

 

 

そこで、今回はかなり簡単な問題にしてみましたので是非挑戦してみてください!
(アフィリエイトや他のビジネスなどでも重要になってくる概念ですので個人的にはかなり勉強になる問題だと思っています。)

 

 

 

あの有名な「午後の紅茶」をご存知でしょうか・・・?

 

 

あなたは午後の紅茶というスーパー美味しい飲み物をご存知でしょうか・・・?

 

 

超有名ですので、おそらく知っている人は多いはずです。

 

 

高品質な紅茶やミルクティーを手軽&低価格で楽しめる午後の紅茶は、発売当初から今に至るまで多くの人々から支持されてきました。

 

 

モデルさんがとても美人で素晴らしいですねぇ~(。・ω・。)

 

 

 

もちろん、馬場自身も午後の紅茶は大好きでして、

隙があらば午後の紅茶(ロイヤルミルクティー)を購入してグビグビ飲んでおります。

 

 

(願わくば午後の紅茶で大きなお風呂を満たし、全力でクロールしたいです。そして、午後の紅茶風呂で泳いだ後は赤いきつねで作ったベッドで安らかに眠りたい・・・(*´-`) )

 

 

 

さて!、そんな午後の紅茶でございますが、今回の問題はまさに午後の紅茶が主役となっています・・・

 

 

 

 

午後の紅茶は何を売っているのか・・・?

 

 

午後の紅茶はいったい何を売っているのでしょうか・・・?

 

 

 

実は、これこそが今回の問題です・・・

 

 

 

 

 

「え? そんなの紅茶(ミルクティー)に決まってるでしょ? 飲料商品なんだから当たり前じゃん。 あれれ、馬場さんって馬鹿なの?天然なの?(〃⌒ー⌒〃)」

 

 

 

なんて思ってしまう人もいるかもしれません。汗
(まぁ、馬場は賢くはありませんので後半は正解かもしれません。笑)

 

 

 

 

 

しかし、本当にそうなのでしょうか・・・?

 

 

 

 

考えてもみてください・・・

 

 

 

 

そもそも、世の中には紅茶やミルクティーを販売しているメーカーや会社は腐るほどありますし、商品数も無数にあります。

 

 

 

ですが、午後の紅茶ほど成功している商品ってまず存在しませんよね。汗

 

 

 

 

同じ紅茶、ミルクティーなのに不思議だとは思いませんか?

 

 

 

 

そして、なぜ、午後の紅茶だけがここまで人気なのでしょうか・・・?

 

 

 

 

実は、その謎を解く鍵は午後の紅茶さんが公式に掲載しているメッセージの中に隠れています。

 

 

 

以下、午後の紅茶さんからの引用です・・・

 

 

 

何気ない日々に小さな休日をつくりませんか。

 

それは、深呼吸をし、ほっと我にかえる時間。

 

 

スケジュール張に書かない大切なひとときをあなたの手の中でご一緒します。             

                       ~午後の紅茶~

 

 

 

 

・・・・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

・・・(*´ー`*)

 

 

 

 

どうでしょうか?

 

 

 

答えが分かりましたか?

 

 

 

 

というか、ほぼ答えが書いてありましたよね。笑

 

 

 

 

ちょっと、今回の問題は簡単すぎたかもしれませんね。汗

 

 

 

 

ただ、今回の問題って凄く勉強になることが多いと思います。

 

 

 

午後の紅茶は「紅茶」ではなく、「あるもの」をお客様に売っているからこそ圧倒的な成功を収めているわけです。
(言い換えれば、付加価値の作り方が非常に優れているわけです。)

 

 

 

そして、紅茶(飲料)という差別化が難しいジャンルでも、

販売しているものを「ずらして」しまえば独占市場を作ることも可能なんですね。

(ちなみに、コカ・コーラやレッドブルなども午後の紅茶と似たような戦略を使っています。

だから、世界的にも成功してしまうわけです。はい。)

 

 

 

 

要するに、自分が販売する商品をどのように定義していくのかで勝敗はほぼ決まってしまうわけですね。

 

 

 

 

さらりとしゃべっていますが、今とんでもないほど価値のある情報をシェアしていますよ。汗

(過去の教え子さん達に怒られるかもしれません。笑)

 

それに、、、、いや、なんでもないです。忘れてください・・・

 

 

午後の紅茶は何を売っているのか・・・?

 

 

さて! あなたはこの問題を解くことができましたか?

 

 

 

 

今回の問題はかなり簡単ですので、ぜひぜひ挑戦してみてくださいね!!

 

 

 

※ もちろん、考えることが一番重要ですので分からなくても大丈夫ですからご安心くださいませ(*´ω`*)

 

 

 

 

また、今後も面白い問題を作っていく予定ですのでぜひ楽しみにしていてください。(^^)

 

 

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。m(__)m

 

 

馬場のしょもないつぶやき・・・

 

漫画や映画、ドラマって「脇役の質」で全てが決まってしまうような気がします。

 

 

 

メインキャラが全然ダメでも脇役が良ければ作品はいくらでも逆転できますが、
脇役が全然ダメな場合は全てが💩と化します。汗

 

 

 

分かりやすい例でいえば、ドラゴンボールとかHUNTER×HUNTERとかキングダムなんかは典型だと思いますね。
(あとは、ゴールデンカムイなんかも素晴らしい。)

 

 

 

どう考えても、悟空とか、ゴンさんとか、シンってつまらないですもんね。汗
(ぶっちゃけ、いなくても気づかない。あ、悟空は例外かもしれませんが。(・・;))

 

 

 

 

でも、ドラゴンボールもHUNTER×HUNTERもキングダムも脇役の質が異常なんですよね。

もう化け物レベル。

(べジータ、ピッコロ、ヤムチャ、クラピカ、ヒソカ、蟻達・・・ほれぼれするクオリティです。(*´-`))

 

 

だからこそ、どんなに迷走したとしても脇役達が頑張ってくれるから結局は面白くなってしまう・・・

 

 

正直、ハンターハンターほど脇役の質が高い漫画は存在しないと思います。明らかに次元が1ランク上です。これを言うと怒られてしまうかもしれませんが、ぶっちゃけ大抵の漫画の脇役はほぼハンターハンターの劣化版のパクリです・・・ゆえに、すぐ打ち切りになってしまう。汗 だからこそ、ハンターハンターは休載が多くてもファンは離れないのだと思います。 

 

 

 

つまり、面白い作品を作りたいのであれば、メインキャラではなく脇役の質を高めることにエネルギーを注ぐ方が効率がいいわけですね。

 

 

 

最近、アパレル関連の女性経営者さんからオススメされたことをきっかけにある海外ドラマにはまっているのですが、その製作陣は明らかに脇役に膨大なエネルギーを注いでおり感心いたしました。

(無論、そのドラマはシーズン5まで続いております。それも、脇役にエネルギーを注いでいるからです。いやぁ、賢い・・・(*´ω`*))

 

 

 

 

で、この考え方って人間関係とか、アフィリエイト(ビジネス)などにも応用できると思います。

 

 

 

 

大半の人は自分がメインキャラになるために努力したり、お洒落したり、資格をとったりしますが、実は、それ以外の道のりの方が案外楽だし、効率的だったりします。汗

 

 

 

 

つまり、メインキャラに拘らずに、良い脇役になることを意識する方が効率がよく、楽なことが多いです。

 

 

 

分かりやすい例をあげれば、他人に褒められることを目指すよりも、他人を褒めることを目指す方が圧倒的に楽です。
(馬場はこのことに気づいてからは、人を褒めることに力を入れています。)

 

 

 

なぜならば、世の中には褒められたい人間は腐るほどいますが、褒める人間は圧倒的に少ないからです。

 

 

 

人の人生を彩る脇役になれば、本当に愛されますし、得をすることは本当に多いです。(与えれば、多くの人から与えられる人間になります。)

 

 

馬場自身も今では過去に支えてきた過去の教え子さんやビジネス仲間達から本当に助けてもらっていますので日々感謝しておりますし、今後もどんどん脇役に徹していこうと思っています。

 

 

しかも、メインキャラは一発屋的ですが脇役は持続的ですので長期的に有利です。

 

 

 

この前の記事で芸人の今田耕司さんは化け物であるというお話をしましたが、今田耕司さんは完全に脇役の天才です。

(凄まじい実力と知性の持ち主です。まぁ、化け物すぎてほとんどの人は気づきませんが・・・汗)

 

だからこそ、メインキャラである「とんねるず」や「島田紳助」が消えたとしても、
今田耕司さんの仕事がなくなることは基本的にはありえないわけですね。(なぜならば、脇役が上手い実力のある芸人が皆無だから。)

 

どうみても普通だよなぁ・・・(笑)

 

 

 ⇒ お笑い芸人の今田耕司さんが化け物であることに今更気づいた話・・・

 

 

いずれにせよ、人生やビジネスにおいても、脇役の方が重要である場合は本当に多いです。
(悟空よりも笑いをとれるヤムチャの方がジワジワ効いてくるんです。笑)

 

 

 

※ センスとか、環境に絶望している人は、意識をメインキャラから脇役に移してみてください。

 

そうすれば、一気にツキが回ってきたりします・・・

 

 

そういった意味では、人生もドラマ(漫画)なども似たようなものなのかもしれませんね・・・

 

 

馬場

 ⇒ 馬場の無料メルマガ

 ⇒ 馬場の日記

 ⇒ コンテンツ一覧