激動の時代においては、常に先の未来を読んだ者達が莫大な利益を享受してきました。

 

 

そして、ここで面白いのは先を読みすぎても、読まなさすぎても駄目だということです。
(早すぎても、遅すぎても駄目です。)

 

 

言い換えれば、100歩・1000歩先ではなく、10歩先を正確に読んだ者こそが大きな利益を得ることになるのです。

 

百歩先の見えるものは、
狂人あつかいにされる。

五十歩先の見えるものは、
多くは犠牲者となる。

十歩先の見えるものが、
成功者である。

現在が見えぬのは、
落伍者である。

小林一三(阪急東宝グループの創業者)

 

 

では、なぜ、10歩先を正確に読んだ者が大きな利益を得ることになるのか?

 

 

それは、時代の流れ、つまり、大衆のリテラシーや習慣というものは急激には変化せず、常に、予想よりも少し遅れて変化する傾向があるからです。

(場合によっては、全く変化しない場合もあります。例えば、その国独特の文化や風習で古来から全く変化していないものは無数に存在します。そして、ここが未来を読む際の盲点となる場合が多いです。つまり、時代の流れというものは、合理的に進む場合よりも、その他の様々な要因によって非合理的に動く場合の方が多いのです。)

 

 

したがって、あまりにも先を読みすぎてしまうと、肝心の時代の流れに乗ることができなくなってしまい、すべてが絵に描いた餅のままで終わってしまう場合が多いのです。

 

 

逆に、少し先を正確に読むことができたならば、きたるべきその日に向けて、淡々と準備をし、予定通りに恐ろしいほどの利潤を得ることも十分可能になってきます。
(事実、私がアフィリエイトなどのビジネスや資産運用などで得ている利益の大半はそうしてうまれました。)

 

 

だからこそ、100歩・1000歩先ではなく、10歩先を正確に読んだ者こそが大きな利益を得ることになるのです。

 

 

しかし、ここで問題となってくるのは、「どうすれば少し先の未来を読むことができるのか?」ということだと思います。

 

 

むろん、未来の読み方というものは人によって様々ですし、

自分の理想の未来や目標などによって、読むべき未来も変化してくるでしょう。
(今、私は非常に重要なことを言っています。つまり、あなたが読むべき未来と、その他の人々が読むべき未来は全く異なるのです。いいかげんな他者の顔色をうかがってはいけません。ただ、ひたすら、おのれの未来のみをみてください。)

 

 

ゆえに、この場で絶対的な方法というものを紹介することは残念ながらできません。汗(なぜならば、それはあなたのみが見いだせるものだからです。ゆえに、あなたに代わって未来を断言する人たちは例外なく無責任な発言をしていることになります。)

 

 

ただ、時代の大まかな流れを読むヒント、いや、そんな面倒なことはせずに、

我々の生きる21世紀における少し先の未来を読むヒントならば、

私でも提供できるかもしれません。

(あくまでも、私の意見であり、無理に参考にしなくてもいいです。最終的には、あなた自身の感覚を信じてください。)

 

 

私が少し先の未来を読む、あるいは、時代の大きな流れを読む際に意識していることはたくさんありますが、

特に重視しているポイントは、実は、たった1つだけです。

 

 

それは、時代の周期性です。

 

人類の過去の歴史を紐解くと、時代の流れには周期性があることに気づくはずです。

 

まさに、「時代は繰り返される」というものですね。

 

しかし、ここでの注意点は円運動のように全く同じことが繰り返されるわけではなく

、むしろ、螺旋運動のように、少しアップデートされた形で似たパターンの事象が発生することです。(基本的なスタイルは変わらずにその他の要素が変化するのです。)

 

 

“流行は変化していくもの。だけどスタイル(※周期性)は永遠”

~ココ・シャネル~

 

よって、未来を読むには、様々な出来事の背景にある周期性を把握し、

それと現在の状況を相対的に比較していく必要があります。

 

 

ちなみに、現在の世界は、構造的に大航海時代や産業革命の時代と非常に似ていることが分かります。大航海時代は「地図」、産業革命時代は「資源」を得たものが圧勝しました。では、今の時代は・・・・キーワードは「情報」と「人口」です。

 

 

さらに言えば、これからあげるものたちは今後も間違いなく重要な要素になってきますので、ぜひ意識してみてください。(ここに未来が隠されています。)

 

 

  • AI(単純作業労働や中間管理職のような仕事を消滅させ、創造力や経営力のある人間の能力値を最大値化する。つまり、今後も政策や対策に関係なく貧富の差がますます加速する。人件費(固定費)が大幅にカットされるので自らビジネスを作る人間が圧倒的に有利になる。これ、既に始まっていますよ。汗)

 

  • 仮想世界の発展(リアルの結びつきよりも、ネットや仮想世界における結びつきの方がさらに重視されていく。ゆえに、仮想世界での成功がそのままリアル世界の成功にもなってしまう。これもまた貧富の差を大いに広げるでしょう。)

 

  • 人口ボーナスと言語(年々日本の人口が減少している一方で世界の人口は億単位で増えている。また、日本語のユーザーが減少する一方で、共通語として使われることの多い英語のユーザーが急増している。つまり、今後は日本の市場や日本語よりも・・・)

 

  • エンタメ要素の重要性の向上(価値観の多様化によって肩書きや社会性の価値が低下し、逆にどの分野でも面白い人の価値が上がる。言い換えれば、実用性だけでなく、エンタメ性も強く求められるようになっていく分野が増えていく。これは、仮想世界の流れと似ています。つまり、あらゆる分野の境界線が曖昧になっていくわけです。)

 

  • 文化や教養の価値の上昇(実務能力や合理性の面をAIに奪われる運命にある人類は、必然的により抽象的かつ非合理的な要素を含む文化や教養を重視する運命にある。これは昔の貴族たちが教養だの、社交界だのに夢中になった構造と全く同じです。つまり、AIを上手く使いこなせる人類は皆貴族化するわけです。しかし、現実はそうは甘くはありませんから、実際はAIに仕事やアイデンティティを奪われるだけの人の方が大多数になると予想されます。だからこそ、今のうちから、準備・訓練をしておく必要があるわけです。)

 

  • ハイテク社会に対する反作用効果(生物学的には人間は必然的に精神的なバランスを保とうとする生き物。よって、ハイテク化に比例するかたちで昔の伝統や原始的な文化を再評価する人々が発生してくる。キャンプブームはまさにこれです。)

 

  • こどもたちが反応しているもの(ここは地味に重要です。こどもたちは少し先の未来を創る人たちですから、馬鹿にせずに敬意をもって彼らを観察すれば・・・・)

 

 

 

 

少しだけでもいいので、これらの要素を意識してみてください・・・・

 

 

 

そうすれば、あなたが歩むべき道のりが自ずと浮かび上がってくるかもしれません。

 

 

 

そして、今、この瞬間にも、今後の世界の動き(少し先の未来)を読むヒントは目の前にあるかもしれません・・・・・

 

馬場

 ⇒ 馬場の無料メルマガ

 ⇒ 馬場の日記

 ⇒ コンテンツ一覧