ネットで情報を集めているつもりがいつの間にか可愛い動画か、

グラビア動画を見ていることが多い馬場です。(*´ω`*)

(なんという時間の無駄。(・・;))

 

 

※ 最近花鳥風月の参加方法について同様の質問やお問い合わせが非常に多いので該当する方は下記ページにてご確認ください。m(__)m

> 新規「花鳥風月参加者様」へのお願い。

 

 

いつも温かいお手紙や感想を送ってくださり本当にありがとうございます。m(__)m

 

 

今回は分かる人にとっては凄まじく重要かつ経済活動における強力な武器となる考え方を紹介したいと思います。

(個人的には非常に重宝している内容です。(っ´ω`c))

 

 

コロナをきっかけに急速に変化しつつある現代社会で上手く生き残っていくためには必須の概念でもありますので是非参考にしてみてください。m(__)m

 

ビジネスにおける優位性の保ち方とアフィリエイト。

 

Change before you have to.

変革せよ。変革を迫られる前に。

~Jack Welch(ジャック・ウェルチ)~

 

優位性を保つとは、簡単に言えば、相手よりも有利な状態を維持することです。

 

少し具体例をあげますと、

 

昔の戦ならば、同じ条件の軍団が戦う場合、より高い地形をとった方が優位性を保つことができました。

(高い地形ならば、楽に相手を上から攻撃できるだけでなく、守りやすいからです。)

また、兵力つまり、兵の数が多ければ多いほど、優位性を保つことができました。

 

 

近代の戦ならば、より航空兵器及あるいは核兵器を所有している軍ほど、優位性を保つことができました。

(なぜならば、それらを多く所有した軍は戦略的に優位性を保つことができるので、その他の戦術を無効にしてしまうからです。)

 

かなり分かりやすくポケモンを例にすれば、水タイプのポケモンには、

電気タイプのポケモンが優位性を確保しています。

 

いずれにせよ、優位性を確保した者ほど戦いに勝利する可能性が高く、

優位性が高いほど楽に勝利できる確率が高まります。

 

 

そして、ビジネスにおける優位性とは、より利益を得やすい環境に自分を置くことを意味します。

 

 

では、どうすれば、ビジネスにおける優位性を高めることができるのか?

 

言い換えれば、どうすれば、自分自身をより利益の得やすい環境に置くことができるのか?

 

 

 

答えは非常にシンプルです。
(しかし、多くの人が驚くほど見逃しており、かつ実践している人はほとんどいません。汗)

 

 

 

所有している手札(選択肢)の数を増やせばいいのです。

 

 

ここでの手札(選択肢)とは、限られた時間やリソース・エネルギーの中でどのような経済活動を、

どのように展開していくのかという選択肢の数のことを意味します。

 

 

例えば、典型的な日本人のサラリーマンの場合は、就職し、会社で務め、給料を貰うという選択肢を実践しており、

基本的にはそれ以外の手札を持っていません。(後程詳しく解説します。)

 

 

他の例として、自営業をしつつ、不動産投資をしている人の場合は、

自営業と不動産投資という2つの手札を持っていることになります。

 

 

ただ、日本の一般的な常識としては、義務教育を受け、大学や専門学校に進学し、

就職し、その仕事を定年まで行うという考え方が当たり前となっており、

必然的に多くの人が一枚の手札のみで人生を終える場合がほとんどです。

(別の言い方をすれば、今回の話題である優位性について考えることすらない場合も珍しくはありません。)

 

 

もちろん、それ自体は別に悪いことではなく、むしろ、世の中が平安である時期には無難な生き方であると言えます。

(優位性に気を配らずとも一生を終えられるというのは経済大国の日本ならではの幸運です。ただ、今後は少し事情が変わってきますが、、、)

 

 

※ 1つの仕事、1つの専門知識を極めることは素晴らしいことですが、

それと同時に、他の手札を得る機会を失っていることにも注意する必要があります。

つまり、安易に一般的な常識に従ってしまうと、自動的に手札の数が限定されてしまい、

自らを苦しめることにもなりかねないのです

 

 

しかし、コロナをきっかけに急速に変化していくことになる今後の社会においては、一枚の手札のみで勝負するのは非常に危険です。
(コロナ後のリストラや破産で苦戦している人達の多くが一枚の手札のみで勝負してきたという事実は覚えておかねばなりません。)

 

 

なぜならば、急速に変化し、前提すら大きく変更されてしまう今後の社会においては、

これまでの優位性が完全に崩壊する可能性がとても高いからです。

(多くの会社や人々がコロナで大打撃を受けた大きな理由は、

それまでの前提が通用しなくなり全体の優位性が大きく崩れてしまったからです。)

 

 

では、そのような非常事態や、社会の荒波にどのように対応していくのかと言えば、

それは、ひたすら手札の数を増やして、リスクを分散すると同時に、新たなチャンスに即座に飛び込めるようにしておく他ありません

 

 

 

つまり、所有している手札の数を増やし経済における優位性を高めればよいのです。

 

 

具体的には、アフィリエイトなどの副業を少しでも学習したり、投資の知識やその他の専門知識などを習得することなどがあげられます。(つまり、この記事を読んでおられるあなたは既にアフィリエイトを学習しているわけですから先見の明があることになります。)

 

そうして、一枚、また一枚と手札の数を増やしていけば、あなたの本業に何かあった場合も慌てることなく対処でき、

またあなたの資産が増えた際に効率よく増やすことができるようになります。

(ここだけの話、ビジネスは1つのみに特化するよりも、適切なタイミングで複数展開していった方がはるかに成功しやすいです。

ゆえに、馬場はある程度資産が増えた花鳥風月受講生には投資などのアフィリエイト以外のビジネスにも目を配るようアドバイスするようにしています。)

 

 

この重要な事実に関して、ある花鳥風月受講生さんが素晴らしい情報を提供してくれたのでこの機会を借りて紹介させていただきます。

 

 

彼は遊戯王などの複数のカードゲームの猛烈なマニアでもあり、副業のアフィリエイトで得た収入で大量にカードを購入したり、

全国や世界を回ってカードゲームの大会に参加したりしているというユニークな人です。

 

 

そんな彼が言うには、この手札を増やし優位性を保つという考え方は、カードゲームの世界でも全く同じなのだそうです。

 

 

具体的には、カード・アドバンテージという概念で、簡単に言えば、

 

「所有する手札が多ければ多いほどコントロールできるカードが増え、その分だけゲームをコントロールすることができるので圧倒的に有利になる」

 

ということです。

 

 

ゆえに、プロのレベルになると、いかに自分の手札を増やすか、あるいは、相手の手札を減らすかということにリソースを割くのだとか。(こういったことを聞くとカードゲームとはいえ非常に知性レベルの高い戦いであることが分かります。)

 

このカード・アドバンテージという考え方は、

とても分かりやすく、今回の話を感覚的に理解するには最適な例だと思います。

 

 

少し視点を変えてさらに説明させていただきますと、馬場はチェスが大好きであり、

よく友人や家族などと楽しむのですが、ある時にした経営者の友人との会話がとても印象的で鮮明に覚えています。

かわいい♥(*´艸`*)

 

友人:「チェスの考え方、特に守りの際の視点はビジネスにも通用するね。

限られた駒の数でいかに戦うのかという点ではビジネスもチェスも変わらないな。(っ´ω`c)」

 

 

馬場:「確かに、守りのそれはビジネスにも使えるよね。(っ´ω`c)

そもそもこの世で最も重要なのは、攻めではなく、守りの力だからね。

それは歴史からも、道理からも明らかだよ。

でも、限られた駒うんぬんのところは少し意見が違うな。

もちろん、君の考えも素晴らしいと思うのだけれど。(*´~`*)」

 

 

友人:「え、どういうこと?(*´~`*)」

 

 

馬場:「 ビジネスや人生の良いところは自分で駒を作れることだよ。

何も周りに合わせて限られた駒で勝負する必要はない。

他の駒を集めてもよいし、究極的には、自分自身で駒を作ってしまってよい。

要するに、チェスとビジネスの根本的に違うところは、チェスはプレイヤーでしかあれないが、

ビジネスの場合は、プレイヤーでありながら、かつ、ゲームメーカーでもあれるというところだよ。(*´~`*)」

 

 

友人「おお、超分かりやすい!笑」

 

 

馬場:「 だから、無理に限られた駒で勝負するくらいならば、いっそのこと焦らずに自分の駒を増やすことに専念した方がはるかに楽になると思うわけです。

限られた駒で勝つには複雑な戦術が必要になる戦いも、多数の駒があれば戦略的に優位性があるから、あっさり勝てたりするからね。(っ´ω`c)」

 

 

友人「なるほど~~~すげぇ
!(*´□`*)」

 

 

今思えば、この会話の内容はまさに手札を増やし、優位性を保つことの重要性を端的に説明していると思います。

 

また、決められた駒で戦かわなければいけない、つまり、ビジネスで言えば1つの仕事のみで経済活動をしなければならないという一般的な思い込みの盲点にも気づけるはずです。

 

1つの手札、つまり、1つの仕事のみでは、人生やビジネスで成功すること、あるいは、生き残ることは非常に複雑で難しいものになりがちですが、

一方で、一度視野を広げて複数の手札を持つようにすれば、今まで複雑かつ難しいと思っていた難題がたちまち解決してしまうかもしれません。(優位性を保つことさえできれば、後は自然と好転していくのが道理です。)

 

さらに言えば、有難いことに、現代では、手札を増やす方法は無数に存在し、その難易度も大幅に下がっています。
(アフィリエイトなどという神のようなビジネスモデルもネットのない昔では想像すらできないものでした。汗)

 

 

※ ゆえに、現在では昔からの王道であった大学や専門学校から就職という一連の流れの方がリスクが高くなっています。

花鳥風月には学生の受講生も多いですが、その多くはこういった事実を直感的に感じとっておられるようです。

(正直、恐縮してしまうくらい優秀な人達です。汗)

 

 

だからこそ、今後の我々は手札の数にも気を配り、積極的に手札を増やす努力をしていかなければならないと確信しています。

 

 

もちろん、手札を増やすというと面倒くさいとか、難しそうといった印象があるかもしれませんが、実は全くそんなことはありません。汗

 

確かに、学習段階においては少し苦労するかもしれませんが、後々のことを考えれば圧倒的に楽になるのは間違いありません。

(アフィリエイトの場合は良い教材で学べば済むのでとても簡単です。)

 

 

先程の話を思い出してほしいのですが、限られた駒で勝負するのと、

多くの駒や強力な駒を準備して勝負するのとでは戦略的な優位性が圧倒的に後者に分があります。

 

 

ゆえに、長い目でみれば、むしろ1つの手札で勝負することの方がはるかに面倒くさく、難しいのです。

(今非常に重要なことを言っております。)

 

 

わたしたちはここで学んでいることを通じて、つぎの新しい世界を選びとるのだ。

もしここで何も学びとることがなかったなら、次の世界もここと同じことになる。

 

~リチャード・バック~

 

 

もちろん、1つの仕事を全うするという人生も素晴らしいと思いますし、尊敬されるべきものです。(っ´ω`c)

 

 

しかし、もしも、あなたがそういった名誉よりも、さらなる発展や確実な勝利、

新たな世界を求めているのであれば、今回のお話は必ずお役に立てるはずです。

 

 

 

忘れないでください。

 

 

 

平安な時代が終わりつつある現代においては、駒を増やすもの、手札を増やすものの優位性がますます高まっています。

 

 

 

残された期間もそう長くはありません。

 

 

だからこそ、今のうちから手札を増やす準備をはじめてみることを強くおすすめいたします。

 

 

あなたが得た手札の数だけ、あなたの世界は広がります。

 

 

 

われわれは自由なんだ。

好きなところへ行き、ありのままの自分でいていいのさ

 

~かもめのジョナサン~

 

 

馬場

 

 ⇒ 馬場の無料メルマガ

 ⇒ 馬場の日記

 ⇒ コンテンツ一覧