※ 期間限定公開になる可能性がありますので予めご了承ください。<(_ _)>

Trifles make perfection,

but perfection is no trifle.

ささいなことが完璧を生む。

しかし、完璧はささいなことではない。

~ミケランジェロ・ディ・ロドヴィーコ・ブオナローティ・シモーニ~

 

 

さて、今回は気分をかえて、面白い話をいたしましょう。

 

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ・サンティと並んでルネサンスを代表する芸術家であり、

その後の人類の芸術及び文化の水準を大いに引き上げたミケランジェロ。

彼の人生には多くの謎があり、同時に、神秘的な面も多々ある。

 

ご存知のように、ミケランジェロといえば、一般的にはその「彫刻」が有名ではあるが、

実は、ミケランジェロは画家としても天才であり、あのレオナルド・ダ・ヴィンチとも頻繁に比較された。

 

 

さて、そんなミケランジェロの絵画で、

最も特筆すべきなのは言うまでもなく「アダムの創造」である。

完成度の高さと同時に多くの謎を含むこの作品はウィキペディアや都市伝説などでも言及され、

様々な説が語られている。

 

 

しかし、そういった情報は「アダムの創造」に隠された真のメッセージを完全に見逃している。

(おしいところまでいっているものもあるのだが、、、)

 

 

宗教が腐敗をはじめ、様々な真実が覆い隠されていった当時のミケランジェロは、

ある重大な真実をこの絵に隠し、監視の目を欺いたのである。

 

 

そして、のちに、この絵に隠された重大なメッセージに気づいた幸運な人間達は、

その知恵を利用し、巨万の富と計り知れない権力を手に入れてしまった。

(ゆえに、彼らはこの絵に余計な伝説や解釈を加え、真実を覆い隠したのである。)

 

 

では、その真実とはなにか?

 

 

残念ながら、内容が危険すぎるだけに、安易にこの場で言及することは不可能である。

(今や、ネット世界にまで監視の目は広がっている。)

 

 

しかし、隠された真実に気づくためのヒントならば、

何とか少数ではあるが提供することができる・・・

 

 

※信頼できるからこそ伝える内容であり、

くれぐれも知識を悪用しないことを固く誓ったうえでご確認ください。

> 花鳥風月受講生「限定通信」:「アダムの創造」に隠されたミケランジェロの真のメッセージとは?

 

 

馬場

 

 ⇒ 馬場の無料メルマガ

 ⇒ 馬場の日記

 ⇒ コンテンツ一覧